メインバナー

商品紹介

町のシンボルである岩村城は鎌倉時代(1185年)に築城されました。 頂からは、そのふもとに立ち並ぶ城下町、そして四方の山々も一望することができます。 岩村城は、戦国時代の一時期(1571年~)、 “絶世の美女”と語り継がれる「おつやの方」が日本で唯一の女性城主として城下を治めていました。 それにあやかって、岩村城築城800年を記念して誕生した銘柄が「女城主」です。 ラベルには、「おつやの方」の肖像があしらわれています。

「女城主」の他にも「幻の城」「えなのほまれ」といった銘柄のお酒を販売しています。

【女城主】 岩村醸造のシグネチュアーブランド。私たちの造る酒の基本はすべてここにあります。

【幻の城】 大吟醸クラス。兵庫県産「山田錦」を使用し、日本酒が出すことのできる極限の味を追求するブランド。

【ゑなのほまれ】 創業当時からのブランドで、日本酒の味わい要素の中で最も特徴的な「甘味」を重視し、その表現方法を追求し続けています。

お買い求めはこちらから